キャッシング審査の際に感じた点について

私は北海道の道南地域にある街で生まれ育って高校生時代までを北海道で過ごしました。 私は高校を卒業し、東京の大学に合格したのを機に東京に上京して都内の練馬区という所にある安い家賃の賃貸アパートを借りて東京での一人暮らしをスタートさせたのでした。

現在私は埼玉県の地方都市に在住して仕事をしていますが、当時は練馬区の風呂無しの賃貸アパートに住んで一人暮らしをしていたので色々なお金にまつわる苦労を経験しました。 今回はその当時に私が経験したお金にまつわる苦労話とキャッシングをしてその苦労を何とか乗り切る事が出来た時の経験談についてお話しをさせていただきます。

私は大学に入学してすぐに都内の都心にある有名ケーキ店にアルバイトとして就職し、毎日大学の授業が始まる8時50分より前の早朝4時からケーキ作りの手伝いのアルバイトをしていました。

ケーキ店にアルバイトとして入店したのは私が子供時代からケーキが大好きでいつかケーキ店で働きたいと思っていたのでケーキ店でアルバイトを始めたのです。 しかし私はそのケーキ店で私のミスによりケーキの材料として使う高価な洋酒のビンを落として割ってしまい、アルバイト先をクビになると共に洋酒の弁償代金の20万円を請求されてしまったのです。 私はその弁償代金を用意する為に消費者金融の店舗に出向き運転免許証を提示してキャッシング審査に臨みました。 そして私は無事に審査に通って初回融資額の20万円を手にする事が出来、洋酒の弁償代金も支払う事が出来たのです。